笑顔でいいご縁を引き寄せる

私自身は、婚活らしい婚活をしていないのですが、結果的には結婚することができました。私が、これは有効だなと思った方法は、日頃から周りに結婚したいんだということを、言っておくことです。

あともう一つは、こういう人がタイプだとかいうことも、同時に話しておくことも大事です。そうすることで、紹介のお話だったり、合コンのお誘いも来やすくなります。

あともう一つ重要なことは、笑顔です。話しかけやすい雰囲気がないと、そもそも話しかけてもらえません。私の場合、接客の仕事だったこともあって、常に笑顔は大事だと教えられてきたため、笑顔は自然に身についていたように思います。親しみやすい雰囲気があれば、ちょっと奥手な男性でも、話しかけてみようという気持ちにもなりやすいように思います。

これは、婚活サイトであったり、お見合いパーティーなんかに参加しても、同じだと思います。笑顔はなかなか意識しないと、できないものなのですが、よく仕事で教えられたことは「口角を上げる」ことを意識しなさい、というものでした。口角を上げることで、機嫌がよさそうに見えるのです。結婚は、現実の生活が毎日ですから、機嫌の悪い相手より、ニコニコしている相手のほうが断然いいはずです。一番の成功法は、美人、キレイということより、まずは笑顔でいることだと思います。

婚活は、大変ですが続けることが大切

私は、つい最近まで婚活をしていました。今は、お付き合いしている人が居て、その人との結婚に向けての話を進めています。私が婚活をしていた時に、実感したことが一つあります。それは、「とにかく、どんなにしんどくても続けることが大切」だということです。

私の周りにも婚活をしている人がたくさんいます。その人たちの話を聞いたり、自分の経験もあって、婚活は、継続して活動した人が結婚への道を進んでいると感じます。私の知り合いで、婚活パーティに行ったりして婚活をしている人が居ました。その人は、自分が婚活に向けての意気込みがあるときには毎週のように婚活パーティに出かけていたのですが、疲れてくると半年ほど婚活を休んだりしていました。もちろん、人それぞれのペースがあるのですが、私は、とにかく続けないと婚活は成功しないと感じました。

というのも、婚活は自分が休んでいる間にも、自分の年齢はどんどんと上になって行きます。ちょっと休憩した後に、婚活パーティに行こうとしても、自分が参加したい婚活パーティに年齢制限があり、自分がその婚活パーティの年齢の枠から外れてしまっているということもあります。そういう時になって、「もっと早くに活動しておけばよかった」と思っても、自分の年齢はもう遡れません。婚活は、嫌でも年齢が付きまとってくるので、とにかく結婚をしたいなら、休憩はせずに継続して頑張ることが大切だと思います。