月別アーカイブ: 2017年8月

婚活は、大変ですが続けることが大切

私は、つい最近まで婚活をしていました。今は、お付き合いしている人が居て、その人との結婚に向けての話を進めています。私が婚活をしていた時に、実感したことが一つあります。それは、「とにかく、どんなにしんどくても続けることが大切」だということです。

私の周りにも婚活をしている人がたくさんいます。その人たちの話を聞いたり、自分の経験もあって、婚活は、継続して活動した人が結婚への道を進んでいると感じます。私の知り合いで、婚活パーティに行ったりして婚活をしている人が居ました。その人は、自分が婚活に向けての意気込みがあるときには毎週のように婚活パーティに出かけていたのですが、疲れてくると半年ほど婚活を休んだりしていました。もちろん、人それぞれのペースがあるのですが、私は、とにかく続けないと婚活は成功しないと感じました。

というのも、婚活は自分が休んでいる間にも、自分の年齢はどんどんと上になって行きます。ちょっと休憩した後に、婚活パーティに行こうとしても、自分が参加したい婚活パーティに年齢制限があり、自分がその婚活パーティの年齢の枠から外れてしまっているということもあります。そういう時になって、「もっと早くに活動しておけばよかった」と思っても、自分の年齢はもう遡れません。婚活は、嫌でも年齢が付きまとってくるので、とにかく結婚をしたいなら、休憩はせずに継続して頑張ることが大切だと思います。

自分磨きのはずが運命の人にも出会えた一石二鳥婚活

新卒で、昔から憧れだった客室乗務員になって、仕事が楽しく、彼氏もいたりいなかったりしましたが充実していたのであまり結婚に気持ちが向きませんでした。26歳の時に周りで結婚の波が来てバタバタと結婚していきましたがそこで一度落ち着き、その後29歳になると怒涛のように二回目の結婚の波が来ました。その二回目の波が来た時にようやく私も「そろそろ結婚考えた方がいいかも」という脳になり婚活を緩やかに始めました。

合コンに行って「CAです」と言えばモテた時代は一昔前までだと思っていましたが、やはりそれなりに食いつきはよく、連絡先を聞かれることはありましたがグッとくる人はあまりいませんでした。いいな、と思う人には他に思う人がいたり、やはりかっこいい人には彼女がいたりとうまくいきませんでした。というわけで、まずは自分磨きをしようという気になりました。ずっとやってみたかったカメラの教室に行き始めたのです。

週に一回で、私にとってはとても新鮮な時間でした。あるときその教室でひときわ目立つイケメンの男性がいたのです。ペアで外に写真を撮りに行く実習があり、なんと向こうからお誘いがあり2人で写真を撮りながら色々とお話をしていると彼は教師でずっと生徒の写真を撮っているうちにもっと極めたいと思うようになったそうです。意気投合して何度か食事をし、一ヶ月後にはお付き合いがスタート、半年後にプロポーズされて今婚約中です。人生何が起きるかわかりません。私の場合、「まずは自分磨きをしよう」と思い自分の毎日をより充実させることに力を注いだことが良かったのだと思います。